出会い系ナビゲーター

ネットでの出会いを徹底サポート!

*

恋人・結婚相手・セックスフレンド…出会い系の種類も色々

   

昔はネットでの出会いというと、特殊な出会い方でネットで知り合ったことを友人や家族に隠したり、公に発言する人は少なかったですが、今は昔とは違います。

ネットの普及、SNS利用ユーザー数の増加もあって、最近はネットでの出会いも出会いの方の一つであり、出会いの場としてかなり主流な方法になってきています。

例えば、よく耳にする名前で言えば、「婚活」これなんかは特にネットに触れていない人であっても普通に知っている言葉で一般名詞として定着しています。

また、最近は婚活(結婚活動)よりも軽い出会いである、恋活(恋愛活動)や友活(友達探し)なんて言葉も出てきています。この「○活」「○○活動」なんて言葉は挙げれば切りがないほど色々なところで使われています。(男女の出会い以外でも)

そして、婚活・恋活も方法は色々あります。
婚活で言えば、お見合いパーティー・ネット婚活・結婚相談所などなどありますがネットでの出会いを含まれます。

このように婚活も恋活もネットでの出会いがあり、所謂出会い系サイトでもあります。
ただ、出会い系はちょっとアダルトな雰囲気があるのかより大人な出会いを求める場として使われることが多い名称と言えるかもしれません。

ネットでの出会い、出会い系サイトはこのように結婚相手探し、恋人探し、友達探し、体だけの付き合い探し(セックスフレンド)など色々あります。

自分が何を求めているのかを明確にしないと、自分の求めているサイトとそこに集まるユーザーで目的に相違が出てしまうこともあります。

出会ってみた、出会えたけどこんなはずじゃなかった……というのは選んだ場所が悪い可能性もあります。そうならないためにも自分の目的に合った出会い系を選ぶことはとても大切になります。

まとめ

最後に参考適度に各サイトの主な名称を分類しておきます。

結婚相手探し 婚活
恋人探し 恋活
友達探し 友活
セフレ探し 出会い系

※出会い系は全て含まれますが婚活や恋活よりアダルトな雰囲気は強い傾向があります。また、婚活サイトや恋活サイトは意識的に出会い系という言葉を避けている印象もあります。

あくまでも傾向ですので、出会い系サイトと名乗っていたら中身は体目的の人ばかりということではないのでそこは間違えないでください。ただ、婚活や恋活という名前を使っているサイトはH目的の人よりも真面目な出会いを探している人は多い傾向はあるように感じます。

 - 出会い系