出会い系ナビゲーター

ネットでの出会いを徹底サポート!

*

ネットの出会いがなかなか長続きしない理由とその対策

   

このサイトを始めた2015年と比べても2017年現在(2018年になろうとしている瞬間)とではネット婚活市場の様相は大きく様変わりしているように感じます。

当時は「ネットで出会う」という出会い方自体がまだまだ新しく流行ってはいたものの今のような主流の出会いにはなっていなかったように感じます。少なくとも今の方が老若男女を問わず多くの方がネットでの出会いを求めている状況になっています。

ネット、大きくはスマホの普及が最大の要因ですが、当初はネットの出会いと言えばネット婚活という言葉しかなかったものが今では恋活をはじめ、○○活など出会いだけを切り取っても様々な切り口で出会いの形が用意されています。

婚活なら結婚、恋活なら恋愛みたいな感じでより細分化されているということですね。

私自身がこういった婚活・恋活サイトを含む出会い系サイト利用経験者でありますが、ネットの出会いが柔軟になったのはよくも悪くもメリットとデメリットが浮き彫りになってきているように感じます。

気軽に出会えるからこそもっと条件の良い人を求めてしまう

結局のところ突き詰めていくとネットの出会いで出会いがあるのに良い人に出会えなかったり、付き合えたと思っても長続きしなかったり、すぐに相手に対して飽きを感じてしまうのはこの出会いがより気軽になったことの弊害だと思います。思いますというかほぼ確信に近いですね。

実際にネットで出会いを求めたことがある方なら共感して頂けると思いますが、ネットで異性と会おうと思えば今日の昼に出会い系を始めれば夜に初対面の女性と会うことだってできるわけです。気軽に大勢の異性と出会えるのは良いことですが、簡単に出会え過ぎるが故に「もっといい人がいるかも」となり、一人の異性のことをしっかりと見れなかったり、ちょっと違和感を感じたらそれだけでフェードアウトしてしまう人も多いのかもしれません。

誰でも100%理想通りの人と出会えたらそんな幸福なことはありませんがすべての要求を満たす100%の完璧人間なんていませんからね……。

出会えはするけどなかなかいい人が見つからない、長続きしない、ときめかない。そんな人は数を増やすのも大切ですが、本当に会いたい人とだけ会ったり、一人の人をしっかりと見る時間(それこそデート3回分など)を作ると良いかと思います。

異性との出会いには数打ちは絶対的に必要ですが、真剣に付き合うことを考えた場合は数打ちの先に厳選が必要だと思います。

一つの参考にしてみてください。

真剣な出会いは難しく、ライトな出会いは簡単になった

また、彼氏彼女などの恋人ではなく、遊び相手、それこそ体の関係だけがほしいのであればとても出会いやすい環境とも言えます。今日会って明日には他人という後腐れない関係だって今日初めて今日作れるのが出会い系です。

良くも悪くもこういった二面性があることはネット社会へと変わった現代で理解しておくべきかもしれません。

 - 出会い系